徹底的にハチを退治したいなら業者へ連絡|危険を回避する為に行う事

住宅

室内を清潔に保つには

駆除

害虫駆除するには室内に入ってきた害虫と巣を駆除する事が大切です。毒餌の駆除剤は、巣に毒餌を持ち帰らせて仲間ごと駆除できるため人気があります。強力なくん煙剤でもゴキブリの卵は駆除することができないため、月の初めにくん煙剤を使用し、次の月の中ごろと後半にも使うようにしましょう。

読んでみよう

害虫駆除のサービス

困る女の人

害虫駆除業者では、プロの技術によって南京虫駆除をしてもらえます。作業を行なう上では、南京虫の成虫だけでなく幼虫や卵なども綺麗に駆除してくれるのです。再発防止のためにアフターサービスも行なっているので、安心して任せることができます。

読んでみよう

個人で害虫を駆除する方法

蜂

準備万端で臨もう

ハチ退治を個人でする際は、行動に出る前にまず行政に問い合わせてみましょう。これはまれに行政が無料でハチを退治をしてくれたり、道具を貸し出してくれる可能性もあるからです。ただし基本的にハチを退治する責任は、営巣した場所の所有者が負います。もし行政が協力的でなければ、自己負担ですべておこなわなくてはいけなくなるでしょう。その場合費用の負担を少しでも軽くするために、自力で駆除するのも考えなくてはいけなくなります。その場合は、必要な道具をすべて個人で用意しなくてはいけなくなるでしょう。退治に必要な物については、着衣から殺虫剤までハチ対策に効果のある物を用意しましょう。特に専用の防護服やプロテクターの用意は必須です。特にスズメバチのような毒性と攻撃性の高いハチ相手では、代用品では太刀打ちできませんので必ず用意しましょう。

対策グッズを効果的に使う

ハチ退治に取りかかる前には、必ず近所に声掛けをしましょう。これは取りこぼしや駆除中のハチが通りがかりの人を襲うのを防ぐためにも必要な措置です。必要なら、忌避剤や誘導剤も使ってなるべく広がらないようにします。さらに、通り道にねずみ塗料の粘着シートや罠を仕掛けても効果的です。なお退治する際は、作業する時間帯も選びましょう。昼間に巣を撤去しても、ほとんどの働き蜂は外に出ているので完全な退治はできません。そのため作業する時間帯は、夕暮れ頃が最適です。このころなら大半の働きバチが帰ってきているので、巣ごと一斉に駆除可能です。また殺虫剤を使用する時は、働きバチが巣に戻ったタイミングで入り口から一斉に噴射します。この場合一気に片付ける必要があるので、やり直しせずにすむように殺虫剤は多めに用意しておかなくてはいけません。

お手軽鳩対策

鳩

鳩の糞の中にはクリプトコッカスという人間にも感染する菌が含まれています。鳩は集団で糞をしますので、きちんと対策をする必要があります。その方法としては、天敵であるヘビの作り物を用意したり、ベランダにネットを張ることがおすすめです。

読んでみよう